SONYαのEマウントレンズ|小型犬の撮影用に買って良かったトップ3

ソニーαEマウントレンズ犬の撮影用ランキングTOP3【満足度順】

レンズ気になる欲がすっかり収まった私的な『買って良かったレンズ』をランキング形式でご紹介します。

  • レンズ沼にハマりたくない
  • ベストな構成に最短距離でたどり着きたい

と、お考えの方の参考となれば幸いです。

※犬(小型犬)の撮影を最重視!風景などは二の次的発想の構成です

 

私(かーちゃんも)がレンズ選びで重視している基準は

  • ハッとする描写をする率が高いこと
  • よくボケてボケ具合がキレイなこと
  • 玉ボケが大きくキレイに写せること

この3つの基準を満たしたレンズを満足度順にご紹介していきます。

1位:SEL50F14Z Planar T* FE 50mm F1.4 ZA

SEL50f14zのイメージ
SEL50f14zのカメラ装着イメージ

ソニーの純正レンズですが、ドイツの「カール・ツァイス社」と共同開発のブランド「ツァイスレンズ」の50mm(APS-C機やクロップで75mm)の単焦点レンズ。

カール・ツァイス社の伝統ある「プラナー」の名を冠する1本です。

SONY(ソニー)
Eマウント用レンズ(フルサイズ対応)

SEL50F14Zの特徴と重宝するシーン

  • とにかく万能!凄く使いやすい!
  • テキトーに撮っていても魅力的な写り!
重宝するシーン
日常的な撮影シーン全般(風景と一緒に。室内での撮影。10メートル以内のドッグランなど距離が離れすぎないシーン)

SEL50F14Zの欠点と使い辛いシーン

  • デカイ!重い!高い!
  • AFがわずかに遅い
  • 接写でAFが迷いがち
使い辛いシーン
近すぎるシーン、離れすぎるシーン(テーブルフォト(卓上の料理など)の距離などあまり寄れない。広いドッグランなど。)

SEL50F14Zの撮影サンプル

各画像をクリック(タップ)すれば元画像が表示されます。稚拙ですが、レンズの写りの参考となれば幸いですm(__)m

SEL50F14Zの写真サンプルD
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/640ec
SEL50f14zの撮影サンプル2
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/2000sec
SEL50F14Zの写真サンプルA
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/100ec
SEL50f14zの撮影サンプル4
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f2.0 1/250sec

我が家のSEL50F14Z評価ポイント

日常的に使う理想のレンズ!!
かっちゃん

私(とーちゃん)の満足度:5.0かーちゃんの満足度: 5.0

魅力的に写したいけど1本しか持ち出さない!レンズ交換せずに撮りたい!そんなウチのかーちゃんみたいな1本で取り続けたい人に最適なベストレンズ。

とにかく50mmという焦点距離は非常に使いやすく、撮るポジションによって広角レンズっぽくも、望遠レンズっぽくも写せる万能感が魅力です。

ボケ具合は下の135F18GMほどではありませんが、キレイで魅力的なボケと、艶っぽい写りは鳥肌ものです!

花や景色と一緒に撮る際のこのレンズの写りは別格!

基本は相変わらずかーちゃんが常用してますが、かーちゃんが他のレンズを使っている時にはすかさず使いたくなる魅力溢れるベストレンズですね!

 ⇒ SEL50F14Zの詳細はこちら

 

2位:SEL135F18GM FE 135mm F1.8 GM

SEL135F18GMの付属品
SEL135F18GMのカメラ装着イメージ

ソニー最高峰レンズ「GM(ジーマスター)シリーズ」の135mm(APS-C機やクロップで202mm)単焦点レンズ。

2019年2月に発売されたの新しいレンズで将来、一億万画素の時代が到来しても問題ない設計と言われています。

SONY(ソニー)
Eマウント用レンズ(フルサイズ対応)

SEL135F18GMの特徴と重宝するシーン

  • 圧倒的に素晴らしいボケ!
  • 離れて撮ると驚愕の写り!
  • 距離的に爆速のAF性能!
重宝するシーン
ポートレート風タッチ、走っているシーン(野外や広い室内で一匹~2匹を印象的に。ボケを活かしてふんわりと。20mくらいまでの動きのあるシーン)

SEL135F18GMの欠点と使い辛いシーン

  • 三本の中で一番デカイ!重い!高い!
  • 最低2メートルは離れないとダメ
使い辛いシーン
集合写真、狭い場所での撮影(3匹以上の多頭飼いは厳しい。カフェなどでの集合写真は論外。広角域・標準域で撮っている人と一緒に撮影するシーン)

SEL135F18GMの撮影サンプル

各画像をクリック(タップ)すれば元画像が表示されます。稚拙ですが、レンズの写りの参考となれば幸いですm(__)m

SEL135F18GMの撮影サンプル13
α9+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/1600sec
SEL135F18GMの撮影サンプル20
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/8000sec
SEL135F18GMの撮影サンプル27
α9+SEL135F18GM
ISO500 135mm f2.8 1/250sec 露出 +-0
SEL135F18GMの撮影サンプル8
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f2.8 1/250sec

我が家のSEL135F18GM評価ポイント

ポートレート風タッチ最強レンズ!
かっちゃん

私(とーちゃん)の満足度:5.0かーちゃんの満足度: 4.5

とにかくキレイで圧倒的にボケるので愛犬をふんわりと可愛く撮とりたいポートレート風タッチを撮りたい時に重宝します。

そして、焦点距離的にもAF(オートフォーカス)の合致スピードが爆速的に速いので走っているシーンも十分狙えるところも魅力ですね!
※ただし、足の速い犬種や行動範囲が広い子は焦点距離が足りないかもしれません

うちはこの焦点域のレンズを3本所持してますが、活用しているのはほぼこのSEL135F18GMだけ。

最近、かーちゃんがこのレンズの魅力に気づいたおかげでボケを活かして撮りたいシーンや走っているシーンは取り合いになっています😅

とにかく、背景を大きくボカしたい!キラキラ玉ボケを狙いたい!そんなタッチが好みなら至極のレンズでしょうね!

(このレンズ以上のボケを求めるなら特にお値段が跳ね上がり、大きさ、重さもシャレにならないクラスのレンズとなります。少なくともホビーユースではこのレンズが上限と思えます)

ただし、

  • 風景と一緒に撮りたいシーン(お出かけや旅行先などどこで撮ったか?ハッキリと分かるような写真)
  • 下がれないシーン(狭くて思うように移動出来ない場所)

ではかなり扱いづらいレンズですので、このSEL135F18GMのみで出掛けるかどうか?よく考える必要があります。

 

 ⇒ SEL135F18GMの詳細はこちら

 

3位:SEL24F14GM FE 24mm F1.4 GM

SEL24F14GMのパッケージ中身
SEL24F14GMのカメラ装着イメージ

ソニー最高峰レンズ「GM(ジーマスター)シリーズ」の24mm(APS-C機やクロップで36mm)単焦点レンズ。

このSEL24F14GMは2018年9月に発売されたの比較的新しいレンズでSEL135F18GMと同じく、長く愛用していける設計と言われています。

SONY(ソニー)
Eマウント用レンズ(フルサイズ対応)

SEL24F14GMの特徴と重宝するシーン

  • 軽量コンパクトながら驚愕の写り!
  • 圧倒的に近寄れる!
  • スマホに勝つにはこれしかない!
重宝するシーン
通常のリードで撮るシーン、室内、集合写真、接近戦ジャンプ(野外問わず愛犬から距離を取れないシチュエーション。犬仲間と集まった時などの集合写真。多頭飼い。ドッグカフェなどでの室内撮影。狭いドッグラン。至近距離で狙うアクションシーン)

SEL24F14GMの欠点と使い辛いシーン

  • 高い!(ライバルはスマホ)
  • 2メートル以上離れると辛い
使い辛いシーン
近寄れないシーン、離れて走り回るシーン(ドッグ賞などイベントシーン。中望遠などで撮ってる人と一緒に撮影するシーン。広いドッグランで勝手にうろつく子。)

SEL24F14GMの撮影サンプル

各画像をクリック(タップ)すれば元画像が表示されます。稚拙ですが、レンズの写りの参考となれば幸いですm(__)m

SEL24F14GMの写真サンプル1
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.4 1/12800sec
SEL24F14GMの写真サンプル3
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.4 1/1600sec
SEL24F14GMの写真サンプルF
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.8 1/3200sec 露出 +0.3
SEL24F14GMの写真サンプルD
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.4 1/8000sec 露出 +-0.0

我が家のSEL24F14GM評価ポイント

お写んぽスタイルなど用途が合うなら!
かっちゃん

私(とーちゃん)の満足度:5.0かーちゃんの満足度: 3.5

GMレンズの中でいちばんコンパクトかつ最軽量ながら息をのむ描写!見た目に騙されてはいけない恐るべき実力派レンズです。

描写はこのレンズ以降?のCGっぽいコントラストがハッキリとした写りで、レタッチ(加工修正)しなくても十分と感じることが多くあります。

そして、F1.4の明るさに加えレンズの先から約15cmまで近寄れますので背景をボカしたタッチも可能。なので抱っこして花と一緒に撮る「一人抱っこ撮り」や直ぐ側で走り回ってるシーンやジャンプして跳ね回っている瞬間も狙えるのがポイントです。(※要:動物瞳AF)

とにかく、広角域は他の焦点距離以上にシビアで小さな小型犬の撮影は難しい域ですが、(動物瞳AF頼みでなら)スマホ並みの手軽さで恐るべき描写のショットを狙えるところが最大の魅力です!

ただし、動物瞳AFが使えない場合、ピント合わせがむちゃくちゃシビアで非常に扱い辛いレンズでもあります。

なお、α6400+SEL24F18Zの組み合わせを使って来た人にとって、36mm(フルサイズ換算)から24mmの差は想像以上に広角で使い辛いと感じるはずです。

ちなみに、用途はインスタグラムへの投稿のみで

  • 接近アクションシーンは撮らない
  • ある程度離れて撮るのが基本

そして、「iPhone11レベルのスマホ」をお持ちなら狭いシーン用は割り切ってスマホで済ませるのも一つの手かもしれませんね😅

 ⇒ SEL24F14GMの詳細はこちら

ソニーEマウントレンズ:買って良かったランキングTOP3【まとめ】

ソニーαEマウントレンズオススメTOP3

  1. 普段使い用:SEL50F14Z
  2. ボケを活かしたタッチ・広いシーン用:SEL135F18GM
  3. 狭いシーン・接近戦用:SEL24F14GM

の3本を揃えればこれ以上レンズは不要!

α7IIIなどフルサイズ機の視点です(α6400などAPS-C機でも使えますが焦点距離が変わるため使い勝手が異なります)

ただし、最初にお伝えした我が家的に重要視している3つの基準

  1. おお!と声が出そうな写りをすること
  2. キレイで大きくボケること
  3. 玉ボケがキレイで大きく写せること

この3つの価値基準に共感頂ける人に限ってです。

最高!!と感じる写りと引き換えに、ライバルレンズに対してのデメリットに目をつぶれる人にとっての話。

例えば、SEL50F14zはライバルレンズのSEL2470GMと比べると「利便性」が、SEL55F18Zと比べると「サイズ、重さ、価格」が劣るとも考えられます。

単焦点レンズは自分で距離を決めないとダメなので、撮るポジションを選び辛いシーンは総じて苦手です。人物や風景など他の被写体を撮る頻度も高いなら大三元レンズを揃えた方が良いはずです。
小型犬撮り限定としても、品評会やドッグアジリティ競技などを撮りたいのでしたら、望遠ズームレンズも必要でしょう。

ズームできない不便さ・大きさ・重さ・そしてお値段が許容できるなら。あくまでも、ウチみたいな「小型犬を可愛く(雰囲気重視で)撮ること」に全振りする場合のベストな選択としてご参考頂けると幸いです。

 ⇒ ソニーレンズ・小型犬撮影での評価『まとめ』はこちら

TOP3レンズvsライバルレンズ:比較ギャラリー

我が家的な大満足レンズ3本と、所持した事があるライバルレンズ(と思えるレンズ)とで近い内容の画像を添付していきます。

※シチュエーション、距離、天候、時間帯、太陽の位置などが異なりますので、あくまでも写りの参考程度にご覧頂けると幸いです

※サンプルはそれぞれ露光量(明るさ)のみライトルームで修正しています

SEL50F14Z vs SEL2470GM

SEL2470F28GM

SEL2470GMは24mm~70mmまでをカバーする標準域ズームレンズの最高峰。

SEL2470zやSEL24105G、シグマ、タムロン製品など標準域ズームレンズを検討している方も写りの基準としてご覧頂けると幸いです。

 

SEL50F14Z比較用画像4
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/250sec
SEL2470F28GM比較用画像4
α9+SEL2470GM
ISO100 45mm f2.8 1/200sec
SEL50F14Z比較用画像1
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f2.8 1/250ec
SEL2470F28GM比較用画像1
α9+SEL2470GM
ISO100 55mm f2.8 1/500sec
SEL50F14Z比較用画像3
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.4 1/3000sec
SEL2470F28GM比較用画像3
α9+SEL2470GM
ISO50 59mm f2.8 1/200sec
SEL50F14Z比較用画像2
α9+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/4000ec
SEL2470F28GM比較用画像2
α9+SEL2470GM
ISO1000 24mm f2.8 1/250sec
SEL50F14Z比較用画像5
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f2.0 1/250sec
SEL2470F28GM比較用画像5
α9+SEL2470GM
ISO100 24mm f2.8 1/3200sec
SEL50F14Z比較用画像6
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/400sec
SEL2470F28GM比較用画像6
α9+SEL2470GM
ISO500 70mm f2.8 1/250sec
SEL50F14Z比較用画像7
α7RIII+SEL50F14Z
ISO800 50mm f2.8 1/2000sec
SEL2470F28GM比較用画像7
α9+SEL2470GM
ISO800 70mm f2.8 1/1000sec

以上、光の加減がかなり異なっているので一概には言えませんが、全体的にアッサリした印象のSEL2470GMにたいして、SEL50F14Zはしっとり艶やかな印象になりやすいと感じます。

私の場合、標準域はズームの利便性が広角域ほどシビアと感じないため、一切ためらわずに入れ替えました。

SEL135F18GM vs SEL70200GM

SEL70200F28GM

SEL70200GMは70mm~200mmまでをカバーする望遠域ズームレンズの最高峰。

SEL70200F4G、シグマ、タムロン製品などの望遠域ズームレンズを検討している方も写りの基準としてご覧頂けると幸いです。

SEL135F18GM比較用画像1
α9+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/1600sec
SEL70200F28GM比較用画像1
α9+SEL70200GM
ISO100 195mm f2.8 1/640sec

 

SEL135F18GM比較用画像2
α9+SEL135F18GM
ISO100 135mm f2.8 1/400sec
SEL70200F28GM比較用画像2
α7RIII+SEL70200GM
ISO125 200mm f2.8 1/250sec
SEL135F18GM比較用画像3
α7RIII+SEL135F18GM
ISO500 135mm f2.8 1/250sec
SEL70200F28GM比較用画像3
α9+SEL70200GM
ISO400 122mm f2.8 1/250sec
SEL135F18GM比較用画像4
α9+SEL135F18GM
ISO1000 135mm f2.5 1/250sec
SEL70200F28GM比較用画像4
α7RIII+SEL70200GM
ISO100 200mm f2.8 1/250sec
SEL135F18GM比較用画像5
α9+SEL135F18GM
ISO250 135mm f2.2 1/2000sec
SEL70200F28GM比較用画像5
α7RIII+SEL70200GM
ISO320 160mm f4.5 1/2000sec
SEL135F18GM比較用画像6
α9+SEL135F18GM
ISO320 135mm f2.5 1/500sec
SEL70200F28GM比較用画像6
α9+SEL70200GM
ISO320 200mm f2.8 1/2000sec

以上、「SEL135F18GMの圧勝!」と言いたかったのですが・・SEL70200GMも焦点距離200mm付近だと匹敵するボケ具合。

シャープさはそれほど重視しない、大きさ、重さが苦でなければSEL70200GMで十分かも知れません。
(タムロンの70180mmF2.8が気になります)

SEL135F18GM vs SEL100400GM

SEL100400GM

SEL100400GMは100mm~400mmまでをカバーする望遠域・超望遠域ズームレンズの最高峰。

このレンズはライバルレンズではありませんが、同じような使い方ができるため一応比較しました。

SEL135F18GMとSEL100400との比較用画像1
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f4.0 1/500sec
SEL100400GM比較用画像1
α9+SEL100400GM
ISO160 400mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100400との比較用画像2
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/1600sec
SEL100400GM比較用画像2
α9+SEL100400GM
ISO320 400mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100400との比較用画像6
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f2.8 1/640sec
SEL100400GM比較用画像6
α9+SEL100400GM
ISO320 400mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100400との比較用画像3
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f4.0 1/160sec
SEL100400GM比較用画像3
α9+SEL100400GM
ISO400 400mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100400との比較用画像4
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/8000sec
SEL100400GM比較用画像4
α9+SEL100400GM
ISO320 400mm f5.6 1/2000sec
SEL135F18GMとSEL100400との比較用画像5
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/8000sec
SEL100400GM比較用画像5
α9+SEL100400GM
ISO250 253mm f5.6 1/2000sec

以上、コスモス畑のような距離がどうしようも無いシーン意外でなら、それぞれの替りに使えなくもありません。

というのもサクラの木をバックに2匹並んでいるシーンはほとんど同じ距離から撮影したものですが、SEL135F18GMの画像を拡大してみるとだいたい同じ感じの写り。

なので、トリミング耐性の高いα7Rシリーズならトリミング前提で撮れば替りとしてもおおむね行けると感じるため。

ただし、SEL100400GMでポートレート風タッチを狙うのはかなりシビアな事と、日中ですらISO値が上がりがち。

なので、一日通して使う日に1004001本のみで出掛けるのは不安です。

SEL135F18GM vs SEL100F28GM

SEL100F28GM

SEL100F28GMは非常に良く似た外見ながら、「ボケが滑らかに写る」という効果を備えている特殊なレンズ。

SEL135F18GMとは性質の異なるマニアックなレンズです。

SEL135F18GMとSEL100F28GMとの比較用画像1
α9+SEL135F18GM
ISO100 135mm f2.5 1/400sec
SEL100F28GMとSEL135F18GMとの比較用画像1
α9+SEL100F28GM
ISO250 100mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100F28GMとの比較用画像2
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/1000sec
SEL100F28GMとSEL135F18GMとの比較用画像2
α9+SEL100F28GM
ISO250 100mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100F28GMとの比較用画像3
α7RIII+SEL135F18GM
ISO125 135mm f2.8 1/250sec
SEL100F28GMとSEL135F18GMとの比較用画像3
α9+SEL100F28GM
ISO400 100mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100F28GMとの比較用画像4
α7RIII+SEL135F18GM
ISO100 135mm f1.8 1/1000sec
SEL100F28GMとSEL135F18GMとの比較用画像4
α9+SEL100F28GM
ISO200 100mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100F28GMとの比較用画像5
α9+SEL135F18GM
ISO100 135mm f3.2 1/500sec
SEL100F28GMとSEL135F18GMとの比較用画像5
α9+SEL100F28GM
ISO320 100mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100F28GMとの比較用画像6
α9+SEL135F18GM
ISO100 135mm f2.2 1/640sec
SEL100F28GMとSEL135F18GMとの比較用画像6
α9+SEL100F28GM
ISO500 100mm f5.6 1/250sec
SEL135F18GMとSEL100F28GMとの比較用画像7
α9+SEL135F18GM
ISO100 135mm f2.8 1/320sec
SEL100F28GMとSEL135F18GMとの比較用画像7
α9+SEL100F28GM
ISO400 100mm f5.6 1/250sec

以上、一見、F5.6に絞ったら同じように写りそうですが、背景の残り方がかなり異なると感じます。

特に玉ボケ(光源)があるシーンでの差がけんちょで、個人的にふんわりしたポートレート風タッチならSEL135F18GM、お出かけ先の風景と一緒に撮りたい時はSEL100F28GMの方が扱いやすいと感じています。

反対にSEL100F28GMでふんわりしたポートレート風タッチを狙うのはかなりテクニカルです。

SEL24F14GM vs SEL1635GM

SEL1635F28GM

SEL1635GMは16mm~35mmまでをカバーする広角域ズームレンズの最高峰。

SEL1635Z、シグマ、タムロン製品などの広角域ズームレンズを検討している方も写りの基準としてご覧頂けると幸いです。

なお、SEL1224GMも24mm辺りはSEL1635GMとおおむね近い写りなはずです。

SEL24F14GMとSEL1635GMとの比較用画像1
α9+SEL24F14GM
ISO125 24mm f2.2 1/500sec
SEL1635GMとSEL24F14GMとの比較用画像1
α9+SEL1635GM
ISO160 19mm f2.8 1/250sec
SEL24F14GMとSEL1635GMとの比較用画像2
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.8 1/6400sec
SEL1635GMとSEL24F14GMとの比較用画像2
α9+SEL1635GM
ISO125 16mm f2.8 1/1000sec
SEL24F14GMとSEL1635GMとの比較用画像3
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f2.2 1/2500sec
SEL1635GMとSEL24F14GMとの比較用画像3
α9+SEL1635GM
ISO250 16mm f2.8 1/250sec
SEL24F14GMとSEL1635GMとの比較用画像4
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f2.8 1/1600sec
SEL1635GMとSEL24F14GMとの比較用画像4
α9+SEL1635GM
ISO160 24mm f4.0 1/2000sec
SEL24F14GMとSEL1635GMとの比較用画像5
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.8 1/500sec
SEL1635GMとSEL24F14GMとの比較用画像5
α9+SEL1635GM
ISO320 16mm f2.8 1/1000sec
SEL24F14GMとSEL1635GMとの比較用画像6
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.8 1/800sec
SEL1635GMとSEL24F14GMとの比較用画像6
α9+SEL1635GM
ISO500 17mm f5.6 1/1000sec
SEL24F14GMとSEL1635GMとの比較用画像7
α9+SEL24F14GM
ISO125 24mm f2.8 1/250sec
SEL1635GMとSEL24F14GMとの比較用画像7
α9+SEL1635GM
ISO400 18mm f2.8 1/250sec

以上、他のGMズームと同じくクッキリシャープ感はSEL24F14GMの方が上を行く印象で、玉ボケをキラキラなど雰囲気を撮りたいシーンで差を感じます。

一方、風景を入れて撮る分にはより広角にズームできるSEL1635GMの方が圧倒的に使いやすいのは間違いありません。

この焦点距離は旅行など風景撮り用途の頻度で選ぶのがいちばんですね。

歪み・伸び比較

SEL24F14GMの歪み方1
SEL24F14GM
ほとんど圧縮されません

 

SEL1635GMの歪み方1
SEL1635GM(16mm)
押しつぶされたように歪みます
SEL24F14GMの歪み方2
SEL24F14GM
少し伸びる感じです
SEL1635GMの歪み方2
SEL1635GM(16mm)
引っ張られたように伸びます

以上、SEL24F14GMは圧縮されたような歪んだ写りはほぼありませんが、引っ張られたような伸びはわずかに発生します。

なお、SEL1635GMも16mm付近はけんちょですが、24mm辺りからはかなり改善されます。

いずれにせよアップシーン(接写)は極力、中央付近で撮るのが無難ですね。

 

SEL24F14GM vs SEL24F18Z

SEL24F18Z
SEL24F18ZはAPS-C機用の24mm単焦点レンズ。なお、24mmの表記ですが、実際は1.5倍の36mmで撮っていることとなります。(フルサイズ機でSEL35F18Fを使うのとだいたい同じ距離)

ですので、明確には焦点距離の異なるレンズですが、APS-C機から移行する際の参考としてご覧頂ければ幸いです。

SEL24F14GMとSEL24F18Zとの比較用画像1
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.4 1/4000sec
SEL24F18ZとSEL24F14GMとの比較用画像1
α6500+SEL24F18Z
ISO250 24(36)mm f2.8 1/250sec
SEL24F14GMとSEL24F18Zとの比較用画像2
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f2.0 1/2500sec
SEL24F18ZとSEL24F14GMとの比較用画像2
α6500+SEL24F18Z
ISO200 24(36)mm f1.8 1/500sec
SEL24F14GMとSEL24F18Zとの比較用画像3
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f2.0 1/800sec
SEL24F18ZとSEL24F14GMとの比較用画像3
α6500+SEL24F18Z
ISO320 24(36)mm f4.0 1/250sec
SEL24F14GMとSEL24F18Zとの比較用画像4
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.4 1/1600sec
SEL24F18ZとSEL24F14GMとの比較用画像4
α6500+SEL24F18Z
ISO200 24(36)mm f2.0 1/1600sec
SEL24F14GMとSEL24F18Zとの比較用画像5
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.8 1/800sec
SEL24F18ZとSEL24F14GMとの比較用画像5
α6500+SEL24F18Z
ISO200 24(36)mm f1.8 1/3200sec
SEL24F14GMとSEL24F18Zとの比較用画像6
α9+SEL24F14GM
ISO100 24mm f1.4 1/250sec
SEL24F18ZとSEL24F14GMとの比較用画像6
α6500+SEL24F18Z
ISO100 24(36)mm f2.0 1/800sec

以上、私とα6500時代のかーちゃんとで撮り方がかなり異なるため、ほとんど参考となりませんが・・SEL24F18Zは全体的に淡い感じ。

シャープでクッキリ、コントラスト(色味)が濃いハッキリしたタッチが好みならSEL24F14GMに乗り替える価値は高いでしょう。

APS-C機にレンズを追加する場合・フルサイズ機と併用する場合

APS-C機にフルサイズレンズを追加する

α6400などAPS-C機にレンズを追加する場合、α6400などAPS-C機をお持ちで手放さずにα7IIIなどのフルサイズ機を追加する場合にオススメなのは

  • SEL135F18GMのみ追加する方法

APS-C機用のレンズにもよりますが、仮に私的にベストと考えているSEL24F18Z+SEL85F18の組み合わせをお持ちの場合、SEL135F18GMを最初にお迎えするのがベターと感じます。

APS-C機で使用する際の焦点距離(フルサイズ換算)

私的にα6400などAPS-C機でオススメしているレンズ構成に今回紹介した3本を加えた場合、

  • SEL24F14GM:36mm(同じ焦点距離)
  • SEL24F18Z:36mm(同じ焦点距離)
  • SEL35F18:52.5mm
  • SEL50F14Z:75mm(必要か要検討)
  • SEL85F18:127.5mm
  • SEL135F18GM:202.5mm(唯一の焦点距離)

この焦点距離での運用となります。

特にSEL24F18Zは優れたレンズですので、APS-C機に加える場合はもちろん、フルサイズ機と併用する場合も焦点距離が被っているSEL24F14GMは無理してまで加える必要は低いと思えます。

α6400をSEL100400GMやSEL200600Gと組み合わせて超望遠用に。もしくはSELP18105Gとの組み合わせで動画用。などの割り切った併用ならともかく、同じ用途で併用する場合は先にSEL135F18GMをお迎えして、α6400でしばらく使ってみることをオススメします。
いずれフルサイズへの移行を考えられている方も、最初はSEL135F18GMを導入してAPS-C機で使いつつ、フルサイズ機(ボディ)導入のタイミングでSEL50F14Zを迎えるのが無駄が少ないでしょう。
SEL1635・SEL24F14GM比較

SEL1635GM vs SEL24F14GM どっちを選ぶ?[caption id="attachment_1741" align="aligncenter" width="300"] SEL1635GM[/caption[…]

広角レンズでの撮り方
GMズームレンズ対GM単焦点レンズ

SEL1635GMとSEL70200GMの2本を手放した理由は新たなレンズ沼レンズ交換式カメラで交換レンズを揃えていく際に目差す構成の一つの着地点がF2.8の明るさで統一されたズームレンズ3本を揃えること。「通称:大三元[…]

SEL70200F28GMを売る前に
Eマウントレンズ評価まとめ

ソニーEマウントで実際に使ったレンズの紹介と評価 ~ まとめ ~ソニーのEマウントマウントレンズで実際に使っている(いた)レンズの紹介とレビュー記事のリンク集です。レビューの詳細はレンズの画像をクリック(タップ)してくださいね。[…]

ソニーEマウントレンズの評価
>お写んぽの効率化を考えてみた

お写んぽの効率化を考えてみた

一人で犬のお世話とカメラ撮影を両立するためのグッズ&アイディアをご紹介!

CTR IMG
テキストのコピーはできません。