ソニーEマウントレンズ『SELP18105G』小型犬撮影の体験レビュー

SELP18105G E PZ 18-105mm F4 G OSS(ズームレンズ)

icon

俗に言う便利ズームレンズの1本。α6000シリーズ(APS-C機)のズームレンズで迷ったら比較的リースナブルで優れたズームレンズ。

SELP18105G(E PZ 18-105mm F4 G OSS)の特徴について

このSELP18105GはF4通しのズームレンズでズームしても明るさが変わらない上にビデオカメラのように電動でスムーズにズームするので動画を撮ることが多いならキットレンズの「SEL18135」よりもこちらの方が向いています。(こちらの方が1~2万安いのもオススメなポイント)

ズームレンズはレンズの先の部分が伸びるタイプと伸びないタイプがありますが、このレンズは伸びないタイプ。

なので、同クラスのレンズと比べて少し大柄でごつい見た目ですが、意外と軽いので取り回しは楽です。

 

レンズの評価基準は犬の撮影、特に小型犬(パピヨン)を撮るためだけの視点で書いています。なので風景や人物など被写体によって評価が異なる可能性があることをご了承くださいm(__)m

SELP18105Gの撮影サンプル

各画像をクリック(タップ)すれば元画像が表示されます。稚拙で恥ずかしい限りですが、レンズの写りの参考となれば幸いですm(__)m

α6500+SELP18105G
ISO100 18mm f4.5 1/80sec
α6500+SELP18105G
ISO3200 60mm f4.0 1/160sec
α6500+SELP18105G
ISO250 23mm f4.0 1/160sec
α6500+SELP18105G
ISO1600 18mm f4.0 1/60sec
α6500+SELP18105G
ISO100 21mm f4.5 1/160sec
α6500+SELP18105G
ISO100 34mm f4.0 1/160sec

レンズサンプル写真の設定=α6500:全て出荷時のままの設定(お任せオート)で撮ったjpeg写真をlightroomで露出(明るさ)のみ補正したものです。

私(とーちゃん)のSELP18105Gレビュー

便利ズームレンズ、1本は持っておきたいところ・・かも
かっちゃん

私(とーちゃん)の愛用度: 2.0かーちゃんの愛用度: 0.0やっぱりズームレンズは便利!フルサイズでの27-157.5mmと使い勝手の良い範囲でズーム出来るので、リードでお散歩してる状態から10mほど離れた走る姿の撮影にも使えます。(※α6500などのAPS-C機の写真は7IIIなどフルサイズ機の1.5倍の距離で撮っていることになります)

ただ、電動ズームはとてもスムーズにズームする分、動画を撮るのに適している反面、写真(静止画)撮影用としては手動のズームレンズと比べてもっさりした動作がうっとうしいと感じるかもしれません。

なお、写りは悪くはない、むしろお値段的にかなり良く写るレンズと思えますが・・やはり単焦点レンズと比べると普通な印象。

我が家の場合、プリンス達を撮るつもりで出掛ける時は少しでも綺麗に撮りたいので買った当初を除いたら持ち出す機会は離れて撮る可能性が高い時に限られていました。

ただし、私がα6500を使っていた頃はカメラに無知だったのと、インスタグラムやこのブログなど写真を発表する場が無かったため、撮り方に工夫する気が無かったこともほとんど出番が無かった原因です。

本音を言うと今でも単焦点の「SEL24F18Z」と「SEL85F18」があれば犬の写真撮影用として標準域のズームレンズは無くても良いと思えています。犬以外も取る人、特に動画も良くなるなら「有り!」なレンズですね。

SELP18105Gを手放した理由:かーちゃんが全く使わなかったので

α6500時代のかーちゃんの使用率が0なのはフルサイズ用の優れたレンズ「SEL2470GM」、「SEL70200GM」を既に揃えていたからで、これらのレンズがなければ走っているシーンなどで活用していたはずです。

 

>お写んぽの効率化を考えてみた

お写んぽの効率化を考えてみた

一人で犬のお世話とカメラ撮影を両立するためのグッズ&アイディアをご紹介!

CTR IMG
テキストのコピーはできません。