ソニーEマウントレンズ『SEL50F14Z』小型犬撮影の体験レビュー

SEL50F14Z Planar T* FE 50mm F1.4 ZA(単焦点レンズ)

SEL50f14zのイメージ
SEL50f14zのカメラ装着イメージ

ソニーの純正レンズのブランドの一つ「ツァイスレンズ」の50mm(APS-C機やクロップで75mm)の単焦点レンズ。「プラナー」という名を冠する看板レンズの1本です。

SEL50F14Z(Planar T* FE 50mm F1.4 ZA)の特徴について

このSEL50F14Zを手にして驚くのがその大きさと重さ。

「単焦点レンズ=小型で軽いので取り回しが楽」というイメージを真っ向から否定する長さ:約10.8cm、重さ:約778g(レンズフード除く)というサイズでフードを付けたらSEL2470gmと大差のない大きさです。

なので、お散歩ついでに気軽に持ち出す感じで厳しく、「今日は良い写真を撮るぞ!」という意気込みが必要かも知れません。

ですがその分、写りは別格!?このSEL50F14Zとα7RIIIの組み合わせはハッキリ言ってずるい写りと感じます!!

ちなみにこのレンズは「AFがもっさりで鈍足」と口コミサイトでよく見かけていたため、実際に手にするまではかなり不安でしたが・・確かに限界ギリギリまで近づいての接写付近はちょっとカタカタと迷いがち(その辺りでの物撮りだと特に)ですが、それ以降の距離なら問題無し!

これまたAFが弱いと言われているα7RIIIに付けて実際に使ってますが、犬が走ったり跳ねたりしてるシーンも直ぐに食らいついてくれますよ。(そりゃ爆速のSEL1635GMと比べると劣りますが、気にならないレベルです)

単焦点レンズなので当然距離は変えれませんが、この50mmという焦点距離はカメラの世界では最も標準の距離と言われており、小型犬の撮影でも意外と使いやすいと感じます。

SONY(ソニー)
Eマウント用レンズ(フルサイズ対応)

 

レンズの評価基準は犬の撮影、特に小型犬(パピヨン)を撮るためだけの視点で書いています。なので風景や人物など被写体によって評価が異なる可能性があることをご了承くださいm(__)m

SEL50F14Zの撮影サンプル

各画像をクリック(タップ)すれば元画像が表示されます。稚拙で恥ずかしい限りですが、レンズの写りの参考となれば幸いですm(__)m

SEL50f14zの撮影サンプル
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/3000sec
SEL50f14zの撮影サンプル2
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/2000sec
SEL50f14zの撮影サンプル3
α7RIII+SEL50f14z
ISO400 50mm f2.4 1/250sec
SEL50f14zの撮影サンプル4
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f2.0 1/250sec
SEL50f14zの撮影サンプル5
α9+SEL50f14z
ISO200 50mm f1.4 1/250sec
SEL50f14zの撮影サンプル6
α9+SEL50f14z
ISO1250 50mm f1.4 1/250sec
SEL50f14zの撮影サンプル7
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f4.0 1/350sec
SEL50f14zの撮影サンプル8
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f5.6 1/125sec
SEL50f14zの撮影サンプル9
α7RIII+SEL50f14z
ISO200 50mm f1.8 1/2000sec
SEL50f14zの撮影サンプル10
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/1500sec
SEL50f14zの撮影サンプル11
α7RIII+SEL50f14z
ISO160 50mm f2.8 1/250sec
SEL50f14zの撮影サンプル12
α7RIII+SEL50f14z
ISO200 50mm f2.8 1/250sec
SEL50f14zの撮影サンプル13
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f2.8 1/200sec
SEL50f14zの撮影サンプル14
α7RIII+SEL50f14z
ISO100 50mm f4.0 1/350sec
SEL50f14zの撮影サンプル15
α9+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/2000sec
SEL50f14zの撮影サンプル16
α9+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/2500sec
SEL50f14zの撮影サンプル17
α9+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/2000sec
SEL50f14zの撮影サンプル18
α9+SEL50f14z
ISO100 50mm f1.4 1/1250sec
SEL50F14Zの写真サンプルA
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/100ec
SEL50F14Zの写真サンプルB
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/200ec
SEL50F14Zの写真サンプルC
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f2.8 1/125ec
SEL50F14Zの写真サンプルD
α7RIII+SEL50F14Z
ISO100 50mm f1.8 1/640ec
SEL50F14Zの写真サンプルE
α7RIII+SEL50F14Z
ISO320 50mm f1.8 1/2000ec
SEL50F14Zの写真サンプルF
α7RIII+SEL50F14Z
ISO1600 50mm f1.4 1/60ec

レンズサンプル写真の設定=各カメラとも同じ設定「画質:JPEG(エクストラファイン)・AFモード:AF-C・ISO感度:オート・調光モード:マルチ・ホワイトバランス:オート(雰囲気重視)・Dレンジオプティマイザー:オート・クリエイティブスタイルライト」で撮った写真をlightroomで露出(明るさ)と水平のみ補正したものです。※一部lightroomの自動ボタン押してしまってます

私(とーちゃん)のSEL50F14Zレビュー

もうこれだけでいいんじゃない??
かっちゃん

私(とーちゃん)の愛用度: 0.5かーちゃんの愛用度: 5.0(付けっぱなしレンズ)
なんて言うんでしょう、ファインダーを覗いた瞬間ハッとさせられる・・そんな魔法のレンズ。私的に理想的な写りと思えてます。

思えばSEL24f18zを初めて使った時も感動したものです。ツァイスレンズ恐るべし!!

感覚としてはGMレンズはlightroomなどで自分好みに仕上げるためのニュートラルな写りと感じるのに対し、このレンズは撮った時点で完成作品。むしろ触るな!と主張しているような味を感じます。

当然、好き嫌いありそうですが・・私はドンズバの好み💗このレンズの写す写真を見た瞬間、SEL2470GMをマップカメラの買い取りカートに掘り込みました😅

一人でリードを持ちながらでも何とか使えるサイズと距離、更にα7RIIIならAPS-Cクロップ機能で75mmでも使えるので使い勝手が良い印象です。

実はこのSEL50f14zは私が使いたくて買ったのですが、かーちゃんのα7RIIIが届いた時、最初に装着して試したのが運の尽き・・以後、かーちゃんの付けっぱなしレンズとなりました💧なので私の愛用度は0.5・・私も使いたい。。

と、ベタ褒めしてますがこのレンズの欠点について・・

まず、その大きさと重さ。これは人によりますが、もっとデカくて重たいGMズームを常用していたので私と日頃のかーちゃんは全く気になってません。

ただし、かーちゃんが友達と二人で犬を連れて出掛けた際は結構大きさが気になったそうです。(犬のお世話も自分でしなきゃいけないため)

次に最短距離が45cmとちょっと遠い所ですが、フードを付けた状態で既に20cm近くあるので実質は25cm~30cm離れたら良い感じ。これも犬の撮影ではあまり気になりません。(例えば外食時の料理を撮る時は立たないと撮れませんが)

後はやっぱりお値段・・当初検討していた「SEL55F18Z」の倍近い価格が最大のネックでしたが・・私の場合は中古の相場が下がってきていたのでSEL55F18Zの新品価格+3万円ほどで中古の美品を手に入れました。

とにかく(焦点距離は異なりますが)GM単焦点の質実剛健な写りと比べてヌメッというか、しっとり感というか・・上手く言えませんが、ツァイスのブランド付きは伊達じゃない。そんな味を感じる魅惑の1本です。

SONY(ソニー)
Eマウント用レンズ(フルサイズ対応)

 

このSEL50F14Zの目下のライバル「SEL55F18Z」は携帯性と写りを両立した素晴らしいレンズです。

ですが、私のように「価格差だけ」で迷っている方は↓の内容もご覧になってくださいね。

3~4万円で無期限レンタルしているという考え方
  1. レンズは実際に使ってみないと判断出来ない
  2. レンズをレンタルで借りると約1万円かかる
  3. 中古の美品(問題なく使える状態)と買い取り価格の差が3~4万円
  4. レンズの相場は早々に崩れることはない
  5. 中古で買って不要になったら手放せば良い

つまり実質は「3~4万円で無期限レンタル(気に入ったら自分の物にできる)」という結論に至り、マップカメラで中古の美品を買いました。

まあ、カメラ本体(ボディ)も残高設定クレジットで買っているのでレンタル感覚に抵抗がないってのありますが・・

このレンズに限らず、価格がネックで悩まれているならかなり気持ちが楽になりますよ。

ただし、何故か定価が10万円以下のレンズの場合、このパターンが当てはまりませんので注意が必要です。

↓この考えに至った経緯の詳細(長文です;)

高価なレンズがどうしても欲しい時に気が楽になる発想
このSEL50f14Zの購入を決断するときに最大のネックだったのがやっぱりお値段。。

ちなみにこのレンズの比較対象だったのが同じツァイスレンズの「SEL55F18Z

SEL55F18ZはSEL50f14zよりかなり小さくて軽く、安い(このレンズよりは)けど5mm焦点距離が遠くて5cmよれない。という違いがあります。
写りに関してはヨドバシカメラやソニーストアに幾たびに試してましたが、ピントが来ているところは凄くシャープで周囲は良くボケる!私的に凄く良い印象を持ってます。

ただ、ハイエンド思考な性格上、SEL55F18Zを買うと絶対にこのSEL50f14Zが気になってしまうんですよね。。

価格COMなどの口コミサイトで散々チェックしましたが、やはりSEL50f14Zは別格との評価が多々。

なので、気持ち的にはSEL50f14Zを選ぶ方向に向かっていました。

ただ、SEL50f14ZはSEL55F18Zの倍近くのお値段なので、相当な覚悟をしなければなりません。

特にこのレンズはAFが遅いと評判だったので犬の撮影に不向きだったらどうしよう!?と不安もありました。

実はこの時、全く違うレンズですが「SEL100f28GM」も凄く興味があって、このSEL50f14Zと比べてどちらを選ぶか迷っていました。

ただ、どちらも実際に使ってみない事には判断出来ないところまでネットにある情報は調べ尽くしていたので…頭の中での答えは堂々巡りで一向に結論がでず・・。

そこで、このSEL50f14ZとSEL100F28GMの2本をレンタルで借りて実際に使ってみようかな?と考え、レンタルの相場を調べてみたところ・・

いずれのレンズもレンタル価格は1~2泊で大体1万円位掛かります。(当時の見積もりだと2本、2泊3日で2万5千円くらいでした)

ある意味、調べ抜いた情報では気に入る可能性が高い2本のレンズ。欲しくなる可能性が高いだけに、どうせ買うならレンタル料金が勿体ないと感じるわけです。

そんな時に、思い出したのが

SEL100F28GMの口コミ

STF大好き(56歳・男性(仮)
「マップカメラの美品で安く手に入れられました!大満足です!!」

といった内容のSEL100F28GMに寄せられていた口コミレビュー。

これまで中古品を買う。といった発想は持っていなかったのですが、お値段がお値段だけに少しでも安価で手に入れたい・・という気持ちが強くなってきてまして。

調べて見たところ、レンズの中古品はかなり難しいみたいでヤフオクやメルカリで買うのはかなり危険みたいです。なお、個人売買より多少割高となるものの、名の通ったマップカメラやカメラのキタムラの「評価」は信頼できる印象でした。

つまり、マップカメラの「美品」、カメラのキタムラの「A~AA」評価の中古品は問題がない状態と判断して良いと思ってます。

私が探していた当時は買った時、マップカメラで「欲しい商品をお気に入りに登録すると割引きになるキャンペーン」が開催されていたので2本とも登録してみたところ、それぞれの美品が前日の価格より約5千円ずつダウン!

SEL50f14Zを新品で買うお値段+3万ほどで2本とも手に入る価格に!?(冷静に考えたらオイオイですが・・💦)

このレンズの中古美品とマップカメラのワンプライス保証(買い取り金額が決まっている仕組み)との差額が大体3万5千円ほど。

つまり、通常、1~2泊で1万掛かるところを3万5千円位で納得いくまで使える。と考えたら凄く良い買い方に思え即、念願だった2本の中古品を買いました。

結果、2本とも凄く気に入りましたが、仮に思っていた感じと違っていたとしても背負ったリスクはレンタル1週間分程度。

そうして凄く良かったと思えております😉

※絶対に失敗じゃない!と自信が有る場合は手数料0円の分割クレジットで新品を買うのが一番ではありますが・・。

とにかく、価格COMなどの口コミやレビューも実際に使ってみて、そのとおり!と思えるのもあれば、ネガキャンか!?と突っ込みたくなるものも存在します。

もちろん、好き嫌いで評価が甘くも辛くもなるのも分かります(私の場合SEL70200GMに辛い)ので、私の評価もあなたにとっての真実とは異なる可能性があります。

そういう意味でも、比較的リスクの少ない「無限レンタル」的な発想で実際に使ってみるのがベストだと思えています。

 

>お写んぽの効率化を考えてみた

お写んぽの効率化を考えてみた

一人で犬のお世話とカメラ撮影を両立するためのグッズ&アイディアをご紹介!

CTR IMG
テキストのコピーはできません。