ソニーEマウントレンズ『SEL100F28GM』小型犬撮影の体験レビュー

SEL100F28GM FE 100mm F2.8 STF GM OSS(単焦点レンズ)

SEL100f28GMのイメージ
SEL100f28GMのカメラ装着イメージ

GM(ジーマスター)シリーズの100mm単焦点レンズ。

長さ:11.8cm、重さ:約700g(フード含まず)とちょっと大きめと感じるSEL100F28GM。物理的に操作できる回転するリング部分が3カ所、切り替えスイッチ3カ所、ボタンが1カ所となかなかゴツい見た目でインパクトがあります。

SEL100F28GM(FE 100mm F2.8 STF GM OSS)の特徴について

このSEL100F28GMは通常のレンズとは異なる特殊なレンズで「ボケが滑らかに写る」という効果を備えています。

例えば景色をバックに愛犬を撮った場合、愛犬の姿はキリっとシャープに、バックはボケすぎない程度でなだらかにじわーと滲むようにボケる感じ。キリッと写りつつも雰囲気がある。そんな写りをします。

ちなみにレンズ名の表記は「f2.8」となっていますが、特殊なフィルターが入っているそうで実際には「F5.6」で撮っていることになります。(f5.6以上に絞ることはできますが、f2.8へ下げることはできません)

なので反対にSEL135F18GMみたいな明るい単焦点レンズのようなボケ方(背景が分からないほど溶けてしまうようなボケ方)はしませんので、ちょっと扱い辛いレンズでもあると感じます。

SEL100F28GM ソニー FE 100mm F2.8 STF GM OSS
SONY(ソニー)

 

レンズの評価基準は犬の撮影、特に小型犬(パピヨン)を撮るためだけの視点で書いています。なので風景や人物など被写体によって評価が異なる可能性があることをご了承くださいm(__)m

SEL100F28GMの撮影サンプル

各画像をクリック(タップ)すれば元画像が表示されます。稚拙で恥ずかしい限りですが、レンズの写りの参考となれば幸いですm(__)m

SEL100F28GMの写真サンプル1
α9+SEL100F28GM
ISO160 100mm f5.6 1/250sec
SEL100F28GMの写真サンプル2
α9+SEL100F28GM
ISO125 100mm f5.6 1/250sec
SEL100F28GMの写真サンプル3
α9+SEL100F28GM
ISO125 100mm f5.6 1/250sec
SEL100F28GMの写真サンプル4
α9+SEL100F28GM
ISO320 100mm f5.6 1/2000sec
SEL100F28GMの写真サンプル5
α9+SEL100F28GM
ISO640 100mm f5.6 1/2000sec
SEL100F28GMの写真サンプル6
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/500sec
SEL100F28GMの撮影サンプル7
α9+SEL100F28GM
ISO200 100mm f5.6 1/250sec
SEL100F28GMの撮影サンプル8
α9+SEL100F28GM
ISO160 100mm f5.6 1/250sec
SEL100F28GMの撮影サンプル9
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/500sec
SEL100F28GMの撮影サンプル10
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/1000sec
SEL100F28GMの撮影サンプル11
α9+SEL100F28GM
ISO200 100mm f5.6 1/250sec
SEL100F28GMの撮影サンプル12
α9+SEL100F28GM
ISO200 100mm f5.6 1/250sec
SEL100F28GMの写真サンプルA
α9+SEL100F28GM
ISO200 100mm f5.6 1/250sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルB
α9+SEL100F28GM
ISO160 100mm f8.0 1/250sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルC
α9+SEL100F28GM
ISO500 100mm f5.6 1/250sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルD
α9+SEL100F28GM
ISO500 100mm f5.6 1/250sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルE
α9+SEL100F28GM
ISO400 100mm f5.6 1/250sec 露出 +0.3
SEL100F28GMの写真サンプルF
α9+SEL100F28GM
ISO800 100mm f5.6 1/250sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルG
α9+SEL100F28GM
ISO3200 100mm f5.6 1/250sec 露出 +0.7
SEL100F28GMの写真サンプルH
α9+SEL100F28GM
ISO3200 100mm f5.6 1/250sec 露出 +0.3

レンズサンプル写真の設定=各カメラとも同じ設定「画質:JPEG(エクストラファイン)・AFモード:AF-C・ISO感度:オート・調光モード:マルチ・ホワイトバランス:オート(雰囲気重視)・Dレンジオプティマイザー:オート・クリエイティブスタイルライト」で撮ったjpeg画像をlightroomで露出(明るさ)と水平のみ補正したものです。※一部シャドウとハイライトも触ってます

私(とーちゃん)のSEL100F28GMレビュー

使いこなすにはセンスが要る?それとも初心者の味方!?
かっちゃん

私(とーちゃん)の愛用度: 4.5かーちゃんの愛用度: 1.0
このレンズはオススメしませんよ。。と、終わらせてしまいたくなる・・かなりクセのあるレンズと手に入れた当初は思っていました。

実際、このレンズで撮った大半の写真はSEL70200GMを100mmの距離に固定してF4.0くらいに絞って撮ったのと近い感じ。それをわざわざ単焦点レンズで使うワケはたまに「おおぅ!?」と声が出そうな写りをする(時がある)からです。

ちなみにこのレンズの写りはピントが合っている所はシャープにキリっと、そして背景がじわーっと滲んでいくような、どちらかというと少し暗めでノスタルジックな感じになりやすいと思えます。

なのでインスタ受け(特に女性に)する明るいトーンで愛犬の毛までふんわりボケな感じとか、玉ぼけキラキラなタッチを期待していると肩透かしを食らいます💧

犬の撮影での使い勝手は100mmの距離はちょっと遠いのでリードで繋がった状態では難しいです。台に乗せるか「待て(ステイ)」で少し離れる必要があります。(どアップで良ければマクロモードで撮れますが)

その分、狭めのドッグランや公園なら走ってる姿を狙えなくもありません。クロップ機能を常用できるα7RIIIなら望遠レンズの代わりとしてもOKですね。

なお、α6500などAPS-C機では150mmとちょっと扱いづらい画角となります。

実はこのSEL100F28GM、かーちゃんにとってベストなレンズと思って買ったレンズです。
そのワケは、かーちゃんの好きな玉ぼけが綺麗に撮れるのと、近くの物を大きく写すためのマクロモードが付いているのでお花撮影にピッタリと思っていたから。(追記:大っきな玉ぼけを撮るのは難しいレンズです;)
まあ、私もこのレンズを試してみたい気持ちは強かったのですが・・かーちゃんは同時に買ったSEL50f14Zをえらく気に入ってしまい、このレンズは使ったことすら無いという結果に。。

なので、私が使っているワケなのですが・・二人で一緒に撮影に行ってインスタグラムに投稿していると、どうしても同じシチュエーションを投稿したい時があります。

そんな時にもこのクセのあるこのSEL100F28GMで撮った写真なら違いが出せるかな~。と思って使ってます。まあ、せっかく買ったからってのも、微妙な写真連発・・なので意地になっている節もあります😅

とにかく私には写真のセンスが無い(かーちゃん談)からか、このレンズで例の「おおぅ!?」と声が出る率は1/1000くらいの低打率😭

フォロワーさんのタイプにもよりますが・・インスタ受け、つまり「いいね」を貰えやすいふんわりしたタッチの写真を狙うための中望遠レンズをお探しなら間違いなく「SEL85F18」、「SEL135F18GM」が良いでしょう💦

 

後、最大がF5.6と暗いので室内撮りの厳しい「夕方5時迄レンズ」です。

追記:SEL100F28GMを使うシーンは

SEL135F18GMを追加し、使い比べることで、このレンズの使い方が明確になってきました。

SEL100F28GMの風景を活かした写真
α9+SEL100F28GM
ISO160 100mm f5.6 1/250sec

私的に風景を残しつつボケを活かしたシーンで使うためのレンズ。ですね。

SEL135F18GMの解放付近で犬の顔をアップになる位の距離で撮ると少し離れた背景に入る物、例え人物であっても「光になれ!」と言わんばかりに溶かしてしまうような写り方をします。

SEL135F18GMのボケ具合
α9+SEL135F18GM
ISO160 135mm f2.5 1/250sec
SEL100F28GMのボケ具合
α9+SEL100F28GM
ISO160 100mm f5.6 1/250sec

もちろん、絞っていくことで、SEL100F28GMの写りに近づけることはできますが・・どう頑張ってもこのレンズのタッチを再現することは出来ません。(あくまでも個人的な感想ですが、SEL135F18GMは絞ると背景が汚いと感じる場合が多いような気がしてます💧)

一方、SEL100F28GMの場合、基本は開放(F5.6)固定でOK!もちろんシチュエーションによってはボケ過ぎな事もありますが、背景が距離に応じて何か分かる範囲を保ちつつも非常になだらかで美しいと感じるボケ方をしてくれます。

ある意味、F値を気にせず構図などに集中できるので背景を活かしたシーンを撮るならこちらの方が圧倒的に楽で満足度も高い!センスのない私(トホホ)にとって心強いパートナーとして愛用してます。

そんな感じで基本的にはSEL135F18GMを使いつつ、背景を重視したい時にだけに使ってます。なので、このレンズ1本だけで中望遠域を全て熟せるか?と聞かれると正直微妙・・用途が限られるだけに、多くの人にとってどちらか1本だけ!となるとやっぱりSEL135F18GMの方が無難ですね😥

このようにSEL100F28GMは犬撮り用としてはかなり撮影のシーンを選ぶ難しいレンズですが、風景などの他の被写体だと話は別!

特に疑似マクロ機能を使った物や花の撮影はSEL70200GMやSEL135F18GMともまた違った独特の味を感じます。

ですので、うちのかーちゃん見たいに犬以外の被写体、特に風景や植物などを撮る人、特にSEL90M28G(中望遠域のマクロレンズ)が気になっているけど、中望遠レンズとしての利用頻度も高いのならこのSEL100F28GMは有りかも知れません。

風景など他の被写体はド素人で恥ずかしいかぎりではありますが・・一応、撮ってみたのを貼らせていただきます。

SEL100F28GMの写真サンプル7
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/200sec
SEL100F28GMの写真サンプル8
α9+SEL100F28GM
ISO125 100mm f5.6 1/125sec
SEL100F28GMの写真サンプルI
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/320sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルJ
α9+SEL100F28GM
ISO160 100mm f5.6 1/250sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルK
α9+SEL100F28GM
ISO160 100mm f5.6 1/250sec 露出 +1.0
SEL100F28GMの写真サンプルL
α9+SEL100F28GM
ISO400 100mm f5.6 1/250sec 露出 +1.3
SEL100F28GMの写真サンプルM
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/640sec 露出 +1.0
SEL100F28GMの写真サンプルN
α9+SEL100F28GM
ISO250 100mm f5.6 1/250sec 露出 +-0
SEL100F28GMの写真サンプルO
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/250sec 露出 +1.0
SEL100F28GMの写真サンプルP
α9+SEL100F28GM
ISO100 100mm f5.6 1/500sec 露出 +1.0
SEL100F28GM ソニー FE 100mm F2.8 STF GM OSS
SONY(ソニー)

 

>お写んぽの効率化を考えてみた

お写んぽの効率化を考えてみた

一人で犬のお世話とカメラ撮影を両立するためのグッズ&アイディアをご紹介!

CTR IMG
テキストのコピーはできません。