ソニーEマウントレンズ『SEL100400GM』小型犬撮影の体験レビュー

SEL100400GM FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(ズームレンズ)

SEL100400GMのイメージ
SEL100400GMのカメラ装着イメージ

GM(ジーマスター)シリーズの超望遠ズームレンズ

100mm~400mm(約13~15メートル先の小型犬の全身がアップで撮れる感じ)まで届くので広いドッグランや野原で走り回る愛犬の姿もバッチリ!

ドッグアジリティなどのドッグスポーツのシーンを狙うのに最適というか必須のレンズですね。

SEL100400GM(FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS)の特徴について

SEL100400GMの外観2
SEL100400GMの三脚台座取り付けイメージ

このSEL100400GMの外観は長さ:約20.5cm、重さ:約1,395g(レンズフード、三脚座除く)とSEL70200GMと酷似しています。(お値段も大体同じくらい)

ただし、こちらは筒が伸びるタイプで一番伸ばした状態だと長さがフード無しで約30cm(フードを付けると約40cm!)ほどになりますが、重心のバランスに優れているのか?意外と軽く感じてSEL70200GMほど疲れません。

このレンズにもSEL70200GMのと同じ三脚座が付いてきます。(少しでも軽くするために日頃は外していますが)

 

レンズの評価基準は犬の撮影、特に小型犬(パピヨン)を撮るためだけの視点で書いています。なので風景や人物など被写体によって評価が異なる可能性があることをご了承くださいm(__)m

SEL100400GMの撮影サンプル

各画像をクリック(タップ)すれば元画像が表示されます。稚拙で恥ずかしい限りですが、レンズの写りの参考となれば幸いですm(__)m

SEL100400GMの撮影サンプル1
α9+SEL100400GM
ISO320 100mm f4.5 1/2000sec
SEL100400GMの撮影サンプル2
α9+SEL100400GM
ISO500 394mm f5.6 1/2000sec
SEL100400GMの撮影サンプル3
α7RIII+SEL100400GM
ISO160 141mm f4.5 1/2000sec
SEL100400GMの撮影サンプル4
α7RIII+SEL100400GM
ISO320 169mm f5.6 1/2000sec
SEL100400GMの撮影サンプル5
α9+SEL100400GM
ISO640 100mm f11 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル6
α9+SEL100400GM
ISO12800 400mm f5.6 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル8
α9+SEL100400GM
ISO100 100mm f5.6 1/320sec
SEL100400GMの撮影サンプル9
α9+SEL100400GM
ISO100 154mm f5.6 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル10
α9+SEL100400GM
ISO100 221mm f5.6 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル11
α9+SEL100400GM
ISO125 294mm f5.6 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル12
α9+SEL100400GM
ISO125 355mm f5.6 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル13
α9+SEL100400GM
ISO160 400mm f5.6 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル14
α9+SEL100400GM
ISO100 100mm f4.5 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル15
α9+SEL100400GM
ISO200 400mm f5.6 1/250sec
SEL100400GMの撮影サンプル16
α7RIII+SEL100400GM
ISO100 200mm f5.6 1/250sec 露出-0.7
SEL100400GMの撮影サンプル17
α7RIII+SEL100400GM
ISO100 300mm f5.6 1/320sec 露出 -0.7
SEL100400GMの撮影サンプル18
α7RIII+SEL100400GM
ISO100 200mm f5.6 1/400sec 露出 -0.7
SEL100400GMの撮影サンプル19
α9+SEL100400GM
ISO500 400mm f5.6 1/250sec 露出 +0.7
SEL100400GMの撮影サンプル20
α9+SEL100400GM
ISO800 400mm f5.6 1/250sec 露出 +1.0
SEL100400GMの撮影サンプル21
α9+SEL100400GM
ISO200 400mm f5.6 1/250sec 露出 +0.7

レンズサンプル写真の設定=各カメラとも同じ設定「画質:JPEG(エクストラファイン)・AFモード:AF-C・ISO感度:オート・調光モード:マルチ・ホワイトバランス:オート(雰囲気重視)・Dレンジオプティマイザー:オート・クリエイティブスタイルライト」で撮った写真をlightroomで露出(明るさ)と水平のみ補正したものです。※一部シャドウとハイライトも触ってます

私(とーちゃん)のSEL100400GMレビュー

ドッグスポーツを撮るなら(今のところ)これが最適!
かっちゃん

私(とーちゃん)の愛用度: 3.0かーちゃんの愛用度: 3.0
走ってる姿をメインで撮るために、そしてドッグスポーツの撮影をするならSEL70200GMよりもこのSEL100400GMをオススメします!

私の場合、無茶苦茶迷った結果、その時はSEL70200GMを選びましたが・・

SEL14TC(1.4倍テレコンバーター)を追加した末、結局このSEL100400GMもお迎えしちゃってます。。

向こうは万能レンズ。こっちは動体向きレンズ。餅は餅屋でございます。

AF性能は体感ですが、それぞれ焦点距離150付近にてα9(フォーカス:ワイド、追従:5(俊敏)の設定)で走っているカレンを撮り比べたところ・・

SEL70200GMはピントが手前の地面に行ってしまいがちで復活に手こずる事が多いのに対して、SEL100400GMは外れにくく、見失った場合の復帰も早いと実感しています。

今のところ(2019年3月の時点)、ソニー純正レンズで400mm(約13~15メートル先の小型犬の全身がアップで撮れる感じ)まで届くのはこのSEL100400GMかSEL400f28GM(ちょっとしたクルマ並のお値段💦)しかありません。※SEL200600Gも発売されましたが、犬撮り用としては・・。

まあ、マウントアダプター(他社のレンズを使う為のアダプター)を介して他社のレンズを使う手もありますが・・AF精度にこだわりたい領域なので私は避けました。。

そんな「実質コレしか無い需要」のレンズですが、犬の撮影全般での使い勝手はSEL70200GMの方が間違いなく優れています。

一応、風景と一緒のスナップとかマクロレンズ的にも使え、写りもシャープでとても良いと感じますし、200mm以上からは焦点距離的にボケを効かせたタッチも狙えなくはありませんが・・

悪く言えばズームレンズのそれ。SEL24105Gの続きのような写りに思え、SEL70200GMや単焦点レンズと比べてボケ、特に後ろボケが汚いと感じることが多い印象です。

なのでメイン用途はやっぱりドッグスポーツや広ーい広場で走り回るシーン用。その用途以外で持ち出す時はSEL135F18GMでは距離が足りないシチュエーションや積極的に前ボケを入れたいシーンですね。

ちなみにちょっと不満な点として、このレンズのズームは筒が伸びるタイプなのですが、何故かSEL2470GMのようなロック機能がありません。一応、タイト・スムーズとズームの重さを変えるリングで調整はできるものの・・

タイトにしていても左肩から斜めがけでぶら下げて歩いていると、筒が勝手に伸びてしまうのがちょっと鬱陶しいと感じます💧

SEL100400GMの撮影サンプル22
夜間や室内だと
SEL100400GMの撮影サンプル23
ISO値が上がりやすくノイジーに💦

あ、後、f4.5(150mmからf5.6)が上限なので屋内や夕方薄暗くなってくると厳しくなります。野外で大体夕方の5時頃まで限定のレンズですね。

なお、300mm~400mmは手ブレしやすいので注意が必要です。

SEL70200GMとSEL100400GMどっちを選ぶべき?

SEL70200GMとSEL100400GMはどっちを選ぶべき?ソニーのEマウントで優れた望遠レンズを追加する際に悩ましいのがSEL70200GM(FE 70-200mm F2.8 GM OSS)とSEL100400GM(FE […]

SEL70200GMとSEL100400GM
>お写んぽの効率化を考えてみた

お写んぽの効率化を考えてみた

一人で犬のお世話とカメラ撮影を両立するためのグッズ&アイディアをご紹介!

CTR IMG
テキストのコピーはできません。